前置詞のきほん|over の使い方

over には「~の真上に」という意味があります。「上をおおって」というイメージで、下のものに接していても接していなくても使います。

さらに「(場所や物)を越えて」「(場所)一面に」「(時間・距離)の間」「(対象)について」「(数値)を上まわって」など、様々な使い方をします。


There is a bridge over the river.
川に橋がかかっている。

The moon was over the tree.
月はその木の真上にあった。

She put her hands over her face.
彼女は顔を両手でおおった。

She spread a blanket over the bed.
彼女はベッドの上に毛布をかけた。

He went over the hill.
彼は丘を越えて行った。

They jumped over a ditch.
彼らは溝をとび越えた。

I saw cattle wandering over the plain.
平原一面に牛があちこち動き回っているのが見えた。

We traveled over Europe.
私たちはヨーロッパ中を旅行した。

We stayed there over night.
私たちはそこに一泊した。

We walked over a long distance.
私たちは長い距離を歩いた。

He is over 60.
彼は60歳を超えている。

This cost over five dollars.
これは5ドル以上かかった。

I talked over the matter with him.
私はその事について彼と話し合った。

スポンサーリンク