前置詞のきほん|into の使い方

into は「~の中へ」という意味で、in と似ています。実際、into と in のどちらを使ってもいい場合もあります。違いは、into のイメージは「外から中への動き」で、in は静止状態で「~の中に」というイメージになります。動きを感じる文なら into を使うように心がけているといいでしょう。

また into には「~に(変わる)」「~に(分ける)」のような使い方もあります。


She went into the shop.
彼女はその店に入っていった。

He threw a stone into the river.
彼は石を川に投げ込んだ。

The cat vanished into the dark.
猫は闇の中に消えていった。

He looked into the box.
彼は箱の中をのぞいた。

The road into the city is closed.
その町に入る道路は閉鎖されている。

The rain changed into snow.
雨は雪に変わった。

Divide the apple into three parts.
そのリンゴを3つに分けなさい。

A caterpillar turns into a butterfly.
毛虫は蝶に変わる。

スポンサーリンク