英語の基本|助動詞のきほん

助動詞とは、その名のとおり動詞を助けることばです。

動詞はそのまま使うと、be動詞なら「~です」、一般動詞なら「~します」と訳すのがふつうです。では「~でしょう」「~できます」「~すべきです」のように表現したい場合、どうすればよいのでしょう?

そういうときに助動詞が役立ちます。「~でしょう」には will、「~できます」には can、「~すべきです」には should などが使えます。

文の順序としては「主語 + 助動詞 + 動詞(原形) ~.」となります。「彼女はピアノが弾けます」なら「She can play the piano.」です。気をつけるのは、助動詞のあとにくる動詞は必ず原形なので、主語が she だったとしても plays のように三人称単数の s をつけないということです。

助動詞の次にくるのがbe動詞でも、やはり原形にします。be動詞の原形は be のみですから、「明日は晴れるでしょう」なら「It will be sunny tomorrow.」です。will is や can are のような形はありません。

スポンサーリンク