所有格 its(それの~)の使い方

「その子のしっぽ」「それの取っ手」など、物や動物を指して「それの、その子の」という場合は its を使います。

it is の短縮形の it’s と非常に似ているので、混乱する人が多い単語でもあります。大人になってから「its という単語を習った記憶もない。it’s のアポストロフィを書き忘れているだけじゃないの?」などと言う人も結構いますので、しっかり覚えてください。

「1つのタイヤ」は「a tire」、「いつくかのタイヤ」は「some tires」のようにいいますが、「それのタイヤ」という場合は「its tire」「its tires」のようになり、 a や some をつけて「its a tire」や「some its tires」という言い方はできません。

「one of its tires」で「それのタイヤのうち1つ」、「some of its tires」で「それのタイヤのうちいくつか」のように表現することはできます。

形容詞と一緒に使う場合は、its が先にきて「its cute tail(その子のかわいいしっぽ)」のような順番になります。

文脈から「それの」というのがわかりきっている場合は、わざわざ日本語に訳さない場合も多いです。


The dog bared its teeth.
犬が歯をむいた。

His company reached its goal.
彼の会社は目標を達成した。

The typhoon altered its course.
台風はコースを変えた。

This flower has its own unique scent.
この花は、一種独特のにおいがある。

The bear stood up its hind legs.
熊が後ろ足で立った。

The association held its conference in New York last year.
その協会は昨年、ニューヨークで会議を行った。

The puppy wagged its tail.
子犬がしっぽを振った。

スポンサーリンク