所有格 our(私たちの~)の使い方

「私たちの本」「僕らのお母さん」など、自分たちのものであることを表すには our を使います。

「1冊のノート」は「a notebook」、「いつくかのノート」は「some notebooks」のようにいいますが、「私たちのノート」という場合は「our notebook」「our notebooks」のようになり、 a や some をつけて「our a notebook」や「some our notebooks」という言い方はできません。

「one of our notebooks」で「私たちのノートのうち1冊」、「some of our notebooks」で「私たちのノートのうち数冊」のように表現することはできます。

ただし、具体的な数を表す two や three はそのまま「our two daughters(私たちの2人の娘)」のように使えます。

形容詞と一緒に使う場合は、our が先にきて「our good teacher(私たちの良い先生)」のような順番になります。


Our house is in front of the station.
私たちの家は駅前にあります。

Our office is above the hairdresser’s.
うちの事務所は美容院の上にある。

They like our son.
彼らは私たちの息子を気に入っています。

These are some of our cars.
これらは私たちの車の一部です。

Our two sons are very different from each other.
私の2人の息子はお互いに全然似ていない。

Our school accepts many foreign students.
私たちの学校は多くの留学生を受け入れています。

This picture shows the garden of our house.
この写真は私たちの家の庭を写したものです。

One of our engineers will visit your office this afternoon.
我々のエンジニアのうちの1人が今日の午後、あなたの事務所を訪ねます。

The Coca-cola bottle is one of the classic designs of our century.
コカコーラのボトルは、我々の世紀の古典的デザインのひとつです。

Our meeting was just an accident.
我々が出会ったのは、全くの偶然だった。

We have to stop our unnecessary use of the car.
私たちが不必要に車を使うのをやめないといけない。

スポンサーリンク