否定の命令文(be動詞)の基本

「~してはいけません」「~になってはいけません」という否定の命令文は「Don’t + 動詞の原形」で表現します。

be動詞の原形は be ですから「悲しんではいけません。」なら「Don’t be sad.」のようになります。くれぐれも「Don’t sad.」のように動詞を抜かすことのないよう気をつけましょう。


Don’t be afraid.
怖がらないで。

Don’t be angry.
怒るなよ。

Don’t be a bully.
弱い者いじめはやめろ。

Don’t be too casual with me.
私になれなれしくしないでよ。

Don’t be such a chicken.
そんなにおどおどするな。

Don’t be so depressed.
そんなに落ち込むなよ。

Don’t be so difficult!
あんまり手を焼かせるんじゃない!

Don’t be so selfish.
そんなにわがまま言うな。

スポンサーリンク