at(~にあります)の英語表現

「主語 + be動詞 + at ~」で「~に(主語)があります、~に(主語)がいます」という表現ができます。

この文の主語には、人名・地名のような固有名詞、また the や my・your などのついた特定の物事や人がきます。「Kenji is at the bus stop.(健二はバス停にいる。)」や「My umbrella is at the door.(私の傘は玄関口にある。)」などです。

不特定の物事・人について「Two men are at the bus stop.」や「An umbrella is at the door.」のようにいうと不自然な英語になるので、その場合は「主語 + be動詞 + at ~」の形ではなく、「There is ~」や「There are ~」を使うのが普通です。

at は in との使い分けに苦労する前置詞でもあります。日本語に訳す時にはどちらも「~に」となることが多く、たとえば「彼女は駅にいる。」なら「She is at the station.」と「She is in the station.」の2種類考えられますが、at のほうは駅舎から出て駅前にいる可能性も含み、in は必ず駅の構内にいるという感覚です。


He’s at the desk.
彼はデスクにいます。

Kate and Mary are at the bus stop.
ケイトとメアリーはバス停にいる。

The man was at the station.
その男性は駅にいた。

My house is at 35 Apple Street.
私の家はアップル通り35番地にあります。

They were at Sakura Hotel this morning.
彼らは今朝、さくらホテルにいた。

Her house is at the end of this alley.
彼女の家はこの路地の突き当たりだ。

Lily was at the party.
リリーはパーティーにいた。

Nobody was at the door.
玄関には誰もいませんでした。

スポンサーリンク