代名詞のきほん|it の否定文

it を使って「~じゃないよ」と否定するとき、be動詞(is)の後ろに not をつけるか、一般動詞(play、like、know などbe動詞以外の全ての動詞)の前に doesn’t を置きます。

doesn’t を使ったら、一般動詞の形は plays のように s をつける形ではなく、play のように元の形にします。

is と not が続く場合、短縮して isn’t とすることも多いです。


It is not my unicycle.
それは私の一輪車ではありません。

It isn’t made in Japan.
それは日本製ではない。

It isn’t very cute.
それはあまりかわいくない。

It isn’t hungry.
(動物について)その子はお腹がすいていない。

It doesn’t look good on me.
それは私に似合わない。

It doesn’t move fast.
それは速く動かない。

It doesn’t go well with soy sauce.
それはしょうゆと合わない。

It doesn’t smell good.
それはいいにおいはしない。

スポンサーリンク