代名詞のきほん|you の疑問文の答え方

you の場合、「あなたは」と自分1人についてたずねられたのか、「あなたたちは」と自分を含む2人以上の人間についてたずねられたのかで、答え方が変わります。

「あなたは」の場合は「はい、私はそうですよ」という意味で I を使って答えます。「あなたたちは」の場合は「はい、私たちはそうですよ」という意味で we を使って答えます。

いずれも、疑問文にbe動詞(are)を使っていれば、答えの文にもbe動詞(am、are)を使い、be動詞のない一般動詞の疑問文だったら答えの文に do を使います。

No と答える文には am、are や do の後に not をつけましょう。ふつう、are not は短縮して aren’t、do not は短縮して don’t になります。


Are you a pilot?
あなたはパイロットですか。
Yes, I am.(はい、私はそうですよ。)
No, I’m not.(いいえ、私は違いますよ。)

Are you pilots?
あなた方はパイロットですか。
Yes, we are.(はい、私たちはそうですよ。)
No, we are not.(いいえ、私たちは違いますよ。)

Are you good friends?
あなたたちはいい友達ですか。
Yes, we are.(ええ、私たちはいい友達よ。)
No, we aren’t.(いや、私たちはそうじゃないんだよ。)

Are you angry?
あなた、怒ってる?
Yes, I am.(ええ、私は怒ってるわ。)
No, I’m not.(いえ、私は怒ってないわよ。)
あなたたち、怒ってる?
Yes, we are.(うん、僕たちは怒ってる。)
No, we aren’t.(いいや、僕たちは怒ってないよ。)

Do you love each other?
あなたたち、お互いに愛し合ってるの?
Yes, we do.(ええ、私たちは愛し合ってるわ。)
No, we do not.(いや、僕たちは愛し合ってないんだ。)

Do you have to go home early today?
君は今日、早く家に帰らないといけないの?
Yes, I do.(うん、僕は帰らないといけないよ。)
No, I don’t.(いや、僕は帰らなくていいよ。)
君たちは今日、早く家に帰らないといけないの?
Yes, we do.(ええ、私たちは帰らなきゃいけないの。)
No, we don’t.(いや、僕たちは帰らなくていいんだ。)

Do you know my father?
あなたは僕の父を知ってますか。
Yes, I do.(うん、僕は知ってるよ。)
No, I don’t.(いや、僕は知らないよ。)
あなたたちは僕の父を知ってますか。
Yes, we do.(ええ、私たちは知ってますよ。)
No, we don’t.(いや、僕たちは知らないんだ。)

Do you like to play chess?
あなたはチェスをするのが好きなの?
Yes, I do.(うん、私は好きよ。)
No, I don’t.(いや、僕は好きじゃないよ。)
あなたたちはチェスをするのが好きなの?
Yes, we do.(ええ、私たちは好きですよ。)
No, we don’t.(ううん、僕たちは好きじゃないよ。)

スポンサーリンク