疑問詞の基本|whose

「Whose + be動詞 + 主語」で、「(主語)は誰のものですか」という文が作れます。

答えるときは主語を代名詞に変換して、例えば「Whose are these books?」なら they で答えて「They are mine.(それらは私のものです。)」となります。「~のもの」という表現は、「Yukiko’s(由紀子のもの)」や「my father'(私の父のもの)」のような「~’s」の形か、所有代名詞(mine「私のもの」、yours「あなたのもの、あなた達のもの」、his「彼のもの」、hers「彼女のもの」、ours「私たちのもの」、theirs「彼らのもの」)があります。


Whose are these pens?
これらのペンは誰のものですか。
They are my sister’s.
それらは私の妹のものです。

Whose is this car?
この車は誰のものですか。
It’s mine.
それは私のものです。

Whose is this coat?
このコートは誰のですか。
It’s Kate’s.
ケイトのです。

Whose is that house?
あの家はだれのものですか。
It’s Mr. Page’s.
ペイジ氏のものです。

Whose are those cats?
あれらの猫は誰のですか。
They’re my neighbor’s.
私の隣人のです。

Whose is this bicycle?
この自転車は誰のものですか。
It’s Ken’s brother’s.
ケンの弟のだよ。

Whose are these notebooks?
これらのノートは誰のですか。
They are ours.
私たちのですよ。

Whose is that bag?
あのカバンは誰のものでしょうか。
It’s hers.
彼女のです。

スポンサーリンク