前置詞のきほん|at の使い方

at は最もよく使う前置詞の1つです。基本的な訳し方は「~に」です。

場所を表して「~に」「~で」という場合、at は in との使い分けに苦労する前置詞でもあります。at は一地点、in は空間的広がりに使うというイメージです。

また、時を表して「~に」という場合は at と in と on の3つの前置詞を使い分けなければいけません。時刻など、時の一点と感じるものには at を、日付には on を、月、年、季節などの広がりを感じるものには in を使います。

at はほかにも「~を目がけて」「~を聞いて、見て」「(数値が)~で」「(状態が)~で」など、様々な場面で目にする前置詞です。


I met him at the corner of the street.
私は街角で彼に会った。

She’s at the top of her class.
彼女はクラスのトップです。

I sat at the left of Meg.
私はメグの左側に座った。

Were you at the party?
あなたはパーティーに出席していましたか。

The man at the gate is our principal.
門のところにいる男性は校長先生です。

The summit at Tokyo was a success.
東京でのサミットは成功だった。

We stopped overnight at London.
私たちは一晩、ロンドンに泊まった。

They looked in at the window.
彼らは窓からのぞき込んだ。

She entered the house at the back door.
彼女は裏口から家に入った。

Let’s begin at Chapter Three.
第3章から始めましょう。

I reached the hotel at five in the afternoon.
私は午後5時にホテルに着いた。

I missed the time signal at three.
私は3時の時報を聞きのがした。

Our school begins at 8:20.
私たちの学校は8時20分に始まる。

The boy threw a stone at the dog.
少年はその犬めがけて石を投げつけた。

I shot at the bird.
私はその鳥をねらって撃った。

Look at me.
私を見て。

She smiled at me.
彼女は私に向かって微笑んだ。

His shot at the hare was a miss.
彼はそのうさぎをめがけて銃を撃ったが、当たらなかった。

The flowers are at their best.
その花は一番の見ごろだ。

The two countries are at war.
その二つの国は戦争中だ。

The people at rest on the benches are tourists.
ベンチで休んでいる人たちは観光客だ。

The clerks are busy at work.
店員たちは仕事で忙しい。

I was surprised at the news.
私はその知らせに驚いた。

We all laughed at his joke.
彼の冗談を聞いて、私たちはみんな笑った。

She sold the cloth at 500 yen a meter.
彼女はその生地を1メートルにつき500円で売った。

The train is going at full speed.
列車は全速力で走っている。

Don’t eat so many cookies at a time.
一度にそんなにクッキーを食べてはいけません。

スポンサーリンク