代名詞のきほん|she の否定文

she を使って「~じゃないよ」と否定するとき、be動詞(is)の後ろに not をつけるか、一般動詞(play、like、know などbe動詞以外の全ての動詞)の後ろに doesn’t を置きます。

doesn’t を使ったら、一般動詞の形は plays のように s をつける形ではなく、play のように元の形にします。

is と not が続く場合、短縮して isn’t とすることも多いです。


She is not a high school student.
彼女は高校生ではありません。

She isn’t angry.
彼女は怒ってないよ。

She isn’t from France.
彼女はフランス出身ではありません。

She isn’t good at computers.
彼女はコンピューターが得意ではない。

She doesn’t like soccer.
彼女はサッカーが好きではない。

She doesn’t wear glasses.
彼女はめがねをかけていない。

She doesn’t study on weekends.
彼女は週末には勉強しないんだよ。

She doesn’t have to go to school tomorrow.
彼女は明日、学校へ行かなくていいのよ。

スポンサーリンク