名詞の使い方|kangaroo

「カンガルー」

kangaroo court「私的な裁判、つるしあげ」

kangaroo rat「カンガルーラット」

kangaroo’s pouch「カンガルーの袋」

A female kangaroo carries its young in its pouch.
カンガルーのメスは子供を腹の袋に入れて動く。

His comrades subjected him to a kangaroo court.
仲間が彼をつるし上げた。

If possible, kangaroos will run fro danger rather than fight.
可能ならば、カンガルーは戦うよりも危険から逃げるだろう。

Kangaroos box with their forelegs.
カンガルーは前脚でボクシングをする。

Only male kangaroos fight among themselves.
オスのカンガルーだけが仲間同士で争う。

The feet of kangaroos are powerful weapons for self-defense.
カンガルーの脚は、自衛のための強力な武器である。

The leader of a group of kangaroos is a male.
カンガルーのグループのリーダーはオスである。

To defend itself, a kangaroo leans back on its heavy tail and uses its rear feet to kick its enemy.
自分を守るために、カンガルーはその太い尻尾に寄りかかり、敵を蹴るために後ろ脚を使う。

When a female kangaroo that has a baby in her pouch is being chased by an enemy, she may throw the baby out.
子供をお腹の袋に入れたメスのカンガルーが敵に追われているとき、子供を放り出すことがある。

When a kangaroo baby is too big to ride in the pouch any longer but still stays with its mother, it is called a young-at-heel.
カンガルーの子供がもう袋に入っていられないほど大きくなり、それでも母親と一緒にいるときには、くっつきっ子と呼ばれる。

スポンサーリンク