名詞の使い方|ember

「燃えさし、残り火」「余韻、余燼」

ember of excitement「興奮のなごり」

fan the embers of romance「焼けぼっくいに火をつける」

The embers glowed in the hearth.
燃えさしが暖炉の中で真っ赤に燃えていた。

The forest fire started from an ember.
山火事は燃えさしが原因だった。

The hand fanning the embers suddenly paused.
残り火をあおいでいた手がぱたりとやんだ。

スポンサーリンク