「ビタミンD濃度と癌のリスク」に関連する英語

血中のビタミンDの濃度が上昇すると、がんになるリスクが低下するという。国立がん研究センターの研究チームが約3万4000人を対象に、血中のビタミンD濃度と、がんになるリスクとの関連を、20年近くにわたり調査した研究結果を発表した。


「国立がん研究センター」を英語で
National Cancer Center

「十分にビタミンDを摂取している人々」を英語で
people who have a sufficient vitamin D intake

「ビタミンDが不足している人々」を英語で
people who lack vitamin

「ビタミンDとがんの関係を調べる最大の研究 」を英語で
the largest study examining the relationship between vitamin D and cancer

「彼らの血中のビタミンD濃度」を英語で
the concentration of vitamin D in their blood

「がんの発生」を英語で
the occurrence of cancer

「がんの予防に効く」を英語で
protect against cancer

「ビタミンDの濃度が最も低いグループ」を英語で
the group with the lowest concentration of the vitamin

「肝臓がん」を英語で
liver cancer

「ビタミンDの炎症を抑える作用」を英語で
the property of vitamin D of restraining inflammation

「がんになりにくい生活習慣」を英語で
a lifestyle habit that is conducive to preventing cancer

「バランスのとれた食事をする」を英語で
have a balanced diet

「適量の日光を浴びる」を英語で
get an appropriate amount of sunlight

「がんの初期」を英語で
the early stages of cancer

研究者はビタミンDのレベルに応じて被験者を4つのグループに分けた。
Researchers separated the subjects into four groups according to their vitamin D levels.

被験者は40歳から69歳だった。
The subjects were aged between 40 and 69.

肝臓がんは肝炎から進行する。
Liver cancer progresses from hepatitis.

ビタミンDは日光に当たると体内で作られる。
Vitamin D can be produced in the body when one is exposed to sunlight.

日光に当たりすぎると皮膚がんを引き起こす可能性があることが知られている。
It is known that too much sun can cause skin cancer.

サプリメントで過剰にビタミンDを摂取する必要はない。
There’s no need for people to ingest vitamin D excessively through supplements.

スポンサーリンク