「格安自販機」に関連する英語

大阪ではコカ・コーラなどの大手飲料メーカーの自動販売機よりも、100円自販機の方が目に付く。「消費者は安く買える」「自販機設置会社は薄利多売で儲かる」「自販機設置場所を提供する地主も収入が増える」など、大手メーカー以外の人々にとってはメリットが大きい。


「格安自販機」を英語で
discount vending machine

「100円自販機」を英語で
vending machine selling drinks for ¥100

「大手飲料メーカー」を英語で
big beverage maker

「炭酸飲料」を英語で
carbonated drinks

「賞味期限が近づく」を英語で
near the expiration date

「価格にうるさい消費者を引きつける」を英語で
attract price-conscious consumers

「ギリギリ最低の値段」を英語で
a rock-bottom price

「私たちの飲み物の需要を満たす」を英語で
accommodate our beverage demands

「アサヒ飲料の160ml入りカルピスソーダ」を英語で
Asahi Soft Drinks Co.’s 160-milliliter Calpis Soda

「薄利多売」を英語で
small profits and quick returns

大阪では多くの格安自販機が見られる。
Many discount vending machines can be seen in Osaka.

ほとんどの飲料は100円以下の値段が付けられ、50円飲料が特に目立っていた。
Most of the drinks were priced at ¥100 or less, with ¥50 drinks standing out.

それはいつもと変わらすおいしかったが、ラベルを見ると賞味期限が1ヶ月後にせまっていた。
It was as delicious as always, but the label showed that the expiration date was only a month away.

給料が上がらないので、消費者はますます目が肥えてきている。
Salaries aren’t rising, so consumers are becoming more and more discriminating.

飲料メーカーは価格戦争に関わりたくない。
Beverage makers want to distance themselves from the price wars.

値段が高いからといって品がいいとは限らない。
A high price does not necessarily assure good quality.

自販機自体が公共の場での広告としても役立っている。
Vending machines themselves also serve as advertisements in public places.

主要ブランドによって設定されている自販機の飲料の値段は、たいてい缶コーヒーで130円、500mlペットボトル飲料で160円だ。
Vending machine prices for drinks made by the major brands are usually priced at ¥130 for canned coffee and ¥160 for a 500-milliliter plastic bottle drink.

その会社は格安自販機ビジネスで年間売上12億円を記録している。
The company logs ¥1.2 billion in annual sales from discount vending machine business.

値段が安く、利ざやも低い。
Their prices are low and so are their profit margins.

もっと安い価格で手に入れられる方法がある。
There is a way of getting it more cheaply.

ある地主は「格安自販機からの収入はメーカーの機械からの収入の約10倍ある」と言っていた。
A landowner said, “Income from discount vending machines is almost 10 times more than from the manufacturers’ machines.”

競争は価格を下げるものだ。
Competition should beat the price down.

スポンサーリンク