「大学入試と英語民間試験」に関連する英語

2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間試験について、東京大学が合否判定に使用しないとの方針を示した。「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を図るにしても、各民間試験の目的や基準にバラつきがあるため、入試に利用するには公平性に疑問があるということだ。


「民間が運営する英語試験を活用しない方針」を英語で
a policy of not using privately run English tests

「名門大学」を英語で
prestigious university

「既存のマークシート方式のテスト」を英語で
existing mark sheet-style test

「新共通テスト」を英語で
the new standardized exam

「合格点に達する」を英語で
get a pass mark

「英語の基礎が十分できている」を英語で
have a good grounding in English

「二次試験」を英語で
second-stage exam

「どの志願者を受け入れるか決定する」を英語で
determine which applicants will be accepted

「大学入学許可」を英語で
matriculation

「学生の英語能力の向上度をチェックする」を英語で
monitor the progress of students’ English language ability

「国立大学協会」を英語で
the Japan Association of National Universities

「全ての受験者」を英語で
all test takers

「日本の学生の英語力」を英語で
Japanese students’ English proficiency

「受験者の家庭の経済状態や居住地の違い」を英語で
differences in test takers’ family wealth and place of residence

東京大学の決定は他の大学にも影響を及ぼしそうだ。
The University of Tokyo’s decision will likely affect other universities.

それらは高校の英語の授業を、単なる民間試験の準備のための授業にしてしまう可能性がある。
They could lead to high school English classes becoming mere prep lessons for privately run tests.

彼らは英会話の能力を習得する必要がある。
They need to acquire oral ability in English.

スポンサーリンク