「10代のタミフル服用」に関連する英語

インフルエンザ治療薬「タミフル」について、服用後に異常行動をとる危険があるとして、厚生労働省は2007年から10代への処方を禁じていた。しかし異常行動はタミフルの服用後に限ったことではないとの結論が出たため、使用禁止を解除する方針だ。厚生労働省
the Ministry of Health, Labor and Welfare

「インフルエンザの予防接種を受ける」を英語で
be vaccinated against the flu

「タミフルの10代の患者の使用禁止を解除する」を英語で
lift the ban on the use of Tamiflu on patients in their teens

「注意書きを改訂するよう製薬会社に指示する」を英語で
instruct pharmaceutical companies to revise the warning label

「タミフルを10代の患者に処方しないよう医師に要請する」を英語で
request that doctors not prescribe Tamiflu to teenagers

「抗ウイルス薬を服用中の患者」を英語で
patients on the antivirals

「異常行動によって引き起こされる危険」を英語で
the danger posed by erratic behavior

「インフルエンザの典型的症状」を英語で
classic symptoms of influenza

「インフルエンザにかかる」を英語で
come down with the flu

「風邪とインフルエンザの季節の始まり」を英語で
the onset of cold and flu season

「ベランダやバルコニーに面した部屋で眠る」を英語で
sleep in a room facing a balcony or veranda

「インフルエンザは空気感染でも接触感染でもうつる病気だ。
The flu is an infectious and contagious disease.

2007年2月、中学生がその薬を服用して、自宅マンションから飛び降りて死亡する事件が2件あった。
In February 2007, there were two cases of junior high school students jumping to their deaths from their apartment buildings while taking the medication.

2007年の事件に関連する異常行動の現象は、その薬の服用者に限ったことではない。
The phenomenon of unusual behavior related to incidents in 2007 was not limited to those taking the drug.

子どもはインフルエンザに感染するリスクが高い。
Children are at a high risk of catching the flu.

その決定からの8年間で、タミフルを含む4種類のインフルエンザ治療薬の服用後の異常行動によって、8人が死亡した。
In the eight years since the decision, there have been eight deaths due to unusual behavior after taking four flu medications including Tamiflu.

薬の服用の有無や薬の種類にかかわらず、インフルエンザにかかると患者は突飛な行動をしていた。
Regardless of the presence of medication or the type of medication, patients acted erratically when infected by the flu.

専門家会議は厚労省に対し、タミフルに対する禁止措置を廃止するよう提言した。
The expert panel recommended that the health ministry do away with the prohibition measures for Tamiflu.

インフルエンザ治療薬と異常行動の因果関係は不明である。
The cause-effect relationship between influenza medications and unusual actions is unclear.

たちの悪いインフルエンザが流行っている。
There’s a nasty flu going around.

スポンサーリンク