「伊方原発2号機廃炉」に関連する英語

四国電力が愛媛県にある伊方原子力発電所の2号機を廃炉にすることを決定した。安全対策に莫大なコストがかかり、採算がとれないとの判断である。老朽化した原発については、全国的に廃炉の決定が続いている。(2018年3月26日)


「四国電力」を英語で
Shikoku Electric Power Co.

「伊方原子力発電所」を英語で
Ikata nuclear power plant

「老朽化した原子炉」を英語で
aging reactor

「原子力発電所を誘致する」を英語で
lure a nuclear power station

「発電所の3号機を再稼働させる努力をする」を英語で
seek to restart the plant’s No. 3 reactor

「電力供給量」を英語で
power supply

「原子炉を解体する 」を英語で
decommission the reactor

「原発反対のデモをする」を英語で
demonstrate against nuclear power plants

「原子力規制委員会」を英語で
Nuclear Regulation Authority

「電力危機」を英語で
electric power crisis

「定期検査」を英語で
regular inspections

「廃炉にするかどうかを決定する」を英語で
decide whether to scrap the reactor

「火力発電所」を英語で
thermal power plant

「1982年に稼働し始める」を英語で
go online in 1982

我々は原発の安全性に絶対の自信を持っていた。
We were absolutely convinced of the safety of nuclear power plants.

2013年に制定された現行の安全規制では、電力会社が原子炉を運転できるのは40年までである。
Under the current safety regulations instituted in 2013, electric power companies can operate reactors for up to 40 years.

その原子炉は福島の事故後、破損した福島第一原発の6基を除くと日本で9番目の廃炉となる。
The reactor is the ninth reactor to be scrapped in Japan after the Fukushima accident, excluding the six reactors of the crippled Fukushima No. 1 nuclear plant.

2011年3月の東日本大震災と津波が福島第一原子力発電所の事故を引き起こした。
The Great East Japan Earthquake and tsunami in March 2011 triggered an accident at the Fukushima No. 1 nuclear power plant.

伊方原発の1号機は2016年に廃止された。
The No. 1 reactor of the Ikata nuclear power plant was shut down in 2016.

2000億円近くかけて安全対策をし、その施設の運転を再開しても、採算が取れないであろう。
It would be unprofitable to resume operations at the plant with the safety measures at nearly 200 billion yen.

管理者は技術的な問題は解決できると考えていた。
The operator viewed that technological problems would be solvable.

3号機は運転開始から約23年であり、89万キロワットの発電量を持つ。
The No. 3 reactor is about 23 years old and has an output of 890 megawatts.

スポンサーリンク