「子供の数がさらに減少」に関連する英語

総務省が5月5日の「こどもの日」にちなんで、2018年4月1日現在の15歳未満の人口を公表したが、15歳未満の子どもの数は1,553万人と、37年連続で減少している。

「こどもの日」を英語で
Children’s Day

「15歳未満の子どもの数」を英語で
the number of children under 15 years of age

「低い出生率」を英語で
a low birth rate

「総務省」を英語で
the Internal Affairs and Communications Ministry

「少子高齢化社会」を英語で
an aging society with fewer children

長寿と出生率の低下が当たり前となっている。
Longevity and declining birthrates are the norm.

外国人を含む子どもの数は、4月1日現在で1,553万人であった。
The number of children, including foreigners, was 15.53 million as of April 1.

総人口に占める子どもの割合は12.3パーセントだった。
The percentage of children as a part of the total population was 12.3 percent.

数と割合の両面で1950年以来、最低である。
Both the number and the percentage are record lows since 1950.

裕福な人ほど子供が少ない。
The financially fortunate have fewer children.

男子の数は9万人減って795万人だった。
The number of boys was 7.95 million, down by 90,000.

女子の数は8万人減って758万人だった。
The number of girls was 7.58 million, down by 80,000.

次第に出生率が低下している。
There is a gradual decline in birthrate.

0歳から2歳の年齢層の人口は293万人だった。
The 0-2 age group had a population of 2.93 million

出生率の低下は経済に少なからず影響を与えている。
The drop in the birth rate has had no little influence on the economy.

スポンサーリンク