イギリス英語の参考書でお勉強

日本にあふれている英語の参考書の大多数は「アメリカ英語」、つまり「米語」です。中学校・高校で習った英語もアメリカ英語です。日本は政治、経済、生活などのあらゆる面でアメリカの影響が大きいので、それも当然ですよね。

しかし、本家本元の英国で話される「クイーンズイングリッシュ」とも呼ばれるイギリス英語に憧れる方も多いことでしょう。実はイギリス英語を学ぶための本も、探すとけっこうあるのです。

使う単語や綴りの細かい部分にも違いがありますが、上級者になればなるほど、イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いが気になってくるものです。参考書を探すときには音声ダウンロードやCDの付いている本を選ぶのが基本ですね。

スポンサーリンク